藤沢 賃貸

『藤沢 賃貸』の関連文章

藤沢の賃貸なら湘南村岡不動産株式会社へ【ゲストハウス併設】当社でお部屋探しをすると、併設のゲストハウスをご利用できます。藤沢での賃貸・お住まい探しは、ぜひ地元の「湘南村岡不動産株式会社」にご相談ください。 当社企画開発の「ハナミズキ」が神奈川建築コンクール優秀賞を受賞しました!キャッシュバックキャンペーン実施中!

『藤沢 賃貸』のブログ

おかねつかってるなにげ。
・礼金は法的根拠なし 
・連帯保証人は賃貸借契約を解除できない 
http://www.mlit.go.jp/report/press/house03_hh_000011.html 

[雑誌]判例時報2245号 自殺物件
大阪高裁平成26年9月18日判決
自殺物件の賃貸借で賃貸人に不法行為責任が認められた裁判例なのですが、賃貸人は某弁護士会所属の弁護士であると事実摘示されています(そして本人訴訟)。
弁護士であることをあえて摘示しなくてはいけないような事実関係では、本来はないように思うのですが、弁護士であることをふまえてしまうと、賃貸人の主張内容や、証言の信用性が思いっきり否定されているさまがアチャーという感じの事件です。

『藤沢 賃貸』の質問サイト

生活保護の住宅扶助について。 27年7月以降の賃貸借契約の契約満了の翌月から今の家賃から9000円基準額が下げられます。賃貸借契約に更新の定めがない場合は28年7月から適用され更新時に家賃の 値下げを大家さんに相談するよう市役所から送られてきた書類には書かれてます。 私の場合、賃貸借契約は1年間の自動更新のようで27年4月末で自動更新になります。今月に自動更新があり28年4月末までの賃貸借契約になると思いますが、市役所からの書類には27年7月以降の賃貸借契約の際に家賃を下げてもらうように交渉するように(賃貸借契約に更新の定めがない場合は28年7月から適用)と書かれていますが、ケースワーカーに尋ねると今からでも早めに家賃を下げてもらうよう交渉して下さいと言われ、下がらなければ転居を考えるよう言われ、この件まだはっきり決まってないから転居の際の費用等まだわからない、まだ時間があって27年6月いっぱいは今の家賃が出るからと言われ疑問でいっぱいです。 市役所からの書類の通りだと27年7月以降の契約満了翌月からなので私はその三ヶ月前に自動更新になるので上記によると今回の次の28年4月末の契約更新時まで(契約期間に定めがない場合は28年の7月まで)家賃が下がらなくてもこのまま家賃が支給されると書かれてると思うのですが。 生活保護を受けてる身分で住宅扶助が見直され現在の住まいで家賃が基準額以内にならないと転居と言われれば仕方ありませんが、書類に書かれている28年7月という期間の定めや自動更新による28年4月末より早く転居を指導されるのは(一年以上早いと思います)理不尽ではないかと思うのですが 訳あり生活保護を受けています、批判中傷はやめてください。
ん? あくまでも、「指定期日以降は家賃を下げてもらえるように早めに交渉をしろ」って言っているだけでしょう? 大家が「下げない」と回答するようであれば期日以降はその物件への居住が認められないんだから、早めに動けっていう優しさ。 また、「契約更新まで」って言うのはあくまでも猶予。 実質はH27.7から住宅扶助額は下がるんだから、それをもっての転居指導は理不尽でも何でも無く当たり前のこと。 また、他回答者の「住宅扶助削減分を共益費に」は、今回は通用しないと思うよ。 住宅扶助の引き下げとともに、悪質な業者への対応も盛り込まれている。 いわゆる貧困ビジネス対策ね。 家賃は下がって共益費が上がったら、実質支払う金額が下がっていないのと一緒だから。 居住者全員の共益費が上がるとか、しっかりした理由があれば別だけどね。
賃貸借契約の解除前に支出した有益費の償還請求に基づく留置権の行使は解除の原因が債務不履行であったとしても防げられない。 上記は賃借料を払ってないから契約を解除されても有益費のため にさらに留置権を行使することができるとの意味ですか?よろしくご教示ください。
賃貸借契約の解除前に支出した有益費の償還請求、というのは、賃貸借が終了するときにするものです。(608条2項) なので、賃貸借が債務不履行で解除されたら、その時に有益費の償還請求ができ、もし払われなかったら、留置権を行使できます。 有益費の償還請求は、賃借人の正当な権利だからです。

関連語

  1. ザ・エンターテインメントブログ Amebaブログ>
  2. カテゴリ4>
  3. 藤沢 賃貸